中古一戸建ての住宅を購入する際に確認したいポイント

Housing Guide

安心して暮らすために~中古一戸建ては慎重に確認して買おう~

中古一戸建ての住宅を購入する際に確認したいポイント

男女

違法建築ではないか確認する

間取りや住宅設備などを自由に決めることが出来る注文住宅と違って、中古一戸建ては以前に誰かが住んだことのある住宅を購入します。そのため、間取りなどは自由に選ぶことが出来ませんが、その分費用などはお得になるでしょう。そんな中古一戸建てですが、購入する際は違法建築ではないかを必ずチェックすることです。違法建築ではないと判断するためにも、建築確認申請の書類も渡してくれるところが良いですよ。

住宅

築年数も考慮しよう

中古一戸建てを購入する場合は築年数も合わせて確認することです。一般的に築年数が経っている物件ほど、安く買うことが出来ますが、逆に修繕費用がかさむ場合があります。また、劣化しているところも多いので、ちゃんと築年数も考慮して選んでいくことが大事でしょう。

夫婦

劣化状況は詳しく見る

築年数が浅くても中古一戸建ての場合は、劣化状況の確認を忘れないようにしましょう。劣化状況を確認するためにも物件見学の際は、動かせるものは動かした方が良いです。特にサッシやドアなど建付けは大丈夫かと実際に目で確認していくといいですよ。合わせて、カビや黒ずみも発生してないか要チェックです。少しの劣化でも、いざ暮らしてみると不便に感じることがあるので、購入前の確認は怠らないようにしましょう。茅ヶ崎や京都エリアで中古一戸建てを狙っている場合は、このような確認ポイントは必見と言えます。

買った方が良い中古一戸建ての特徴

  • 築年数が浅い住宅
  • 大規模な修繕工事を必要としない住宅
  • 耐震基準が施工されている1981年以降の住宅
  • 違法建築となっていない住宅
  • 躯体がしっかりとしている住宅

広告募集中