男女

ピアノレッスンで美しい演奏をする|メキメキと実力UP

身近な危険物を取り扱える

勉強

国家試験で取得する

危険物には固体や液体の物があり、引火すると可燃性の物は発火したりするので危険です。そのためこの危険物を取り扱う人は、国家資格を持った者でなければならいとされており、危険物乙4類もその国家資格に含まれます。この危険物乙4類で扱えるものにはガソリンや灯油等があり、特にガソリンは引火点が低く燃えやすいため危険物となっています。また、この資格はガソリンスタンドやタンクローリー等一定数量以上の貯蔵・運搬をする方は常に携帯をして置く必要があります。危険物乙4に含まれる製造所では甲種4類が必要となっているので危険物乙4では責任者になれないので知っておきましょう。この資格を取得するには年数回国家試験が各県で実施されています。

取得しやすい資格でもある

この資格は誰でも受験することが出来るので一般に販売されている参考書や練習問題を解いて行く事で取得する事ができます。内容に関しては、簡単な物理と化学式の知識が必要となります。また各危険物の種類や特徴・性質は、資格の取得後も必要となるので確実に覚えておきましょう。通信講座や動画教材などで資格取得を応援するサービスもありますし、高校や大学、専門学校などの学校施設で講座を開いていることもありますので、それらを利用するのも一つの方法です。次に、危険物乙4で取り扱う危険物は消防法等で貯蔵方法等が定められているので、法令も併せて覚えておいて下さい。そしてこの危険物乙4の資格を取得すると、他の危険物の試験で一部試験免除となります。また、数種類を取得するとこの資格より上の甲種危険物の受験資格が与えられるのでぜひとも取得されるようにしましょう。国家資格の中では簡単に取得できる部類であり、この資格を持った方の求人も沢山あります。