男女

ピアノレッスンで美しい演奏をする|メキメキと実力UP

企業の知的財産力を強化

セミナー

基礎知識から対応実務まで

中小企業と言えば大企業と比べて競争力が弱いように思われがちです。しかしながら他社に負けない独自開発の技術を持っていれば、中小企業でも競争を勝ち抜ける強力な武器となります。そうした技術は企業の知的財産として守っていかなければなりません。虎の子とも言える技術を守り抜いて企業競争力を強化するには、知的財産に関するノウハウが必要です。特許や発明に関する知識をはじめ、関連法の知識や商標登録に関する知識など、知財ノウハウは多方面にわたります。そうした専門知識には難しいというイメージもあって、かつては大半の企業で一般社員から敬遠されてきました。その状況が近年の知財セミナー活況で変わりつつあります。首都圏を中心に開催されている知財セミナーには、特許や商標登録に関心を寄せる企業から多くの社員が参加しているのです。中小企業からの参加者も少なくはありません。こうした知財セミナーでは、初心者でも知的財産に関する基礎知識から学べる点が大きな特徴です。中級コースから上級コースへと進むにつれて、対応実務や知財戦略についても幅広く学んでいけます。こうしたセミナーを通して知財エキスパートに育った社員は数多くいるのです。

さまざまな受講方式

レベルの高い知財セミナーは現時点では首都圏での開催が大半です。そのため地方の企業では、社員をなかなか受講させることができないと感じている経営者も少なくありません。知財セミナーと言ってもいろいろな受講方式がありますから、そういう場合は地方からでも参加できる方法を選ぶといいでしょう。一例を挙げると、講座の模様を動画で配信しているセミナーもあります。動画配信技術も向上しており、ライブ聴講でも会場の熱気は十分に伝わってくるものです。eラーニングや音声講座の形で受講可能なセミナーは、全国どこにいても都合の良い時に学べるため地方企業に人気があります。そういったフレキシブルな受講方式もいいですが、知財ノウハウを本格的に学ぶにはやはり本場のセミナーに参加するのが有利です。講師として招いた知的財産の専門家から直に学べる上に、疑問点はその場で質問することもできます。生のセミナー特有の熱気が人を呼び、地方からわざわざ受講のために出張してくる企業の社員もいるほどです。こうして苦労の末に獲得した知財ノウハウは、必ずや企業独自の技術を守る力となります。知的財産力の強化は、企業の成長にもつながるものなのです。